爪がかゆい!それは爪の中に白癬菌が感染して症状が出る「爪水虫」の可能性が大きいです!爪水虫に関する治療法や市販薬、原因と症状について紹介します!

爪水虫かと思ったら絶対に知っておきたい基礎知識まとめ【2016年版】

cropped-mizumusi.jpg

 

足の爪の中がかゆい、爪が荒れている、などの症状が出てきたら、「爪水虫(つめみずむし)」の可能性が非常に高いです。爪水虫とは、読んで字のごとく、爪の中に水虫ができちゃっている状況。普通の水虫と同じ菌である白癬菌(はくせんきん)が原因ではありますが、普通の水虫とは治療法など異なっている部分も有りますので注意が必要です。

この記事では、爪水虫になった時に知っておきたい基礎知識を全てまとめています。もちろん、何も知らずに病院に行ってお医者さんに言われるがまま治療するというのも良いのかもしれませんが、「短期間で治療したい」「再発しないようにしたい」「できれば誰にも知られずに治したい」などと思っている方は、爪水虫に関するしっかりとした知識を身に付けるべきだと思っています。この記事がそんな方にとって何かしらプラスになれば幸いです♪

 

 

爪水虫の症状とは??

爪水虫はかゆみや痛みなどの初期症状が出にくいのが特長です。痛みやかゆみが出るのは爪の周辺の皮膚まで感染がひろがり、皮膚が炎症を起こし始めてからになります。
中期~末期症状になると、爪が大きく膨れ上がり、ボロボロになります。さらに白濁した状態から、黄色、黒へと色が変化しいていき、最終的には剥がれ落ちてしまいます。

進行が進むにつれて、爪の細胞の奥深くまで菌が進行するのでより治療が困難になります。爪水虫は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれるカビによって発症します。
白癬菌は、生命力が強く、長時間生き続けるので他の人に移りやすいのも特徴です。

①爪水虫がやっかいな理由

普通の水虫も、爪水虫も同じ菌(白癬菌)による病気です。水虫菌は、細胞に根を張るように奥深くまで進行していくので、中々治りにくい特徴があります。
水虫なら病院での治療に加えて、水虫の原因である白癬菌に効果的な市販薬が販売されています。
病院で処方してもらう貰える医薬品と市販薬は同じ作用がある成分が含まれているので、両者ともに効果があります。

ですが、爪水虫となると選択肢が少なく面倒になってきます。通常の水虫に効果的な薬は、市販でも病院で処方してもらうものも塗り薬です。
爪水虫の最大の問題点は塗り薬では効果が出ないという点です。
通常の塗り薬は皮膚に浸透しても、極端に固いタンパク質でできている爪には浸透しません。
一方で白癬菌は、根を張るように爪の細胞の奥深くまで進行し、感染が拡大します。表面の菌をいくら殺したところで、爪の内部に侵攻した菌には効果がありません。
そのため、病院では爪水虫に対して、飲み薬を処方するようになっています。

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m

②病院での治療の問題点

爪水虫は、市販の水虫薬で治ることはありません。塗り薬では爪内部の菌まで届かないからです。病院では飲み薬を処方してもらうことが出来ますが、いくつか問題点があります。
第一に爪水虫の治療には、半年~10か月の時間がかかります。内服薬を半年から1年近く飲み続けるのは、肝臓に大きな負担がかかります。
特に爪水虫は、白癬菌という生命力が強い菌が相手なので、必然的に殺菌力の強い薬になってしまいます。
爪水虫の末期症状で、真っ黒になりボロボロと剥がれ落ちているような状態であれば、病院での内服薬を選択するしかありません。
しかしできることなら長期的な薬の服用は避けたいところです。

水虫菌は生命力が強く、人や動物に感染していない間も、落ちている角質や髪の毛などを栄養分にして長期間生き延びることが出来ます。
水虫菌の生命力の強い水虫は、お風呂などから簡単にうつってしまうので、女性や小さな子供の患者も多いのです。
特に妊婦さんや幼児のお子さん、他の薬を定期的に服用している人など、爪水虫で悩んでいても、内服薬を飲めない方も多くいるのが大きな問題点です。

若い方や女性にとっては、病院に行くのが恥ずかしいということも問題の1つです。
特に女性で家に水虫の薬を置いていたり、外で爪水虫の薬を飲むのにはちょっときついものがありますね。

7a67d56ad959797ba0e86eb14b7637a6_m

③民間療法

水虫は悩んでいる方が非常に多いので、民間療法もたくさん考えられてきました。馬油は水虫を始め、さまざまな皮膚の病気に効果があるといわれ、長年使われてきました。
殺菌効果や肌を健康に保つ効果がある馬油ですが、現実的に考えて爪内部に感染している爪水虫には効果は期待できません。

熱湯に足を付けたり、ろうそくの「ろう」を垂らして、熱の力で菌の活動を弱める等の方法もよく行われますが、多細胞生物で生命力が強い白癬菌をそれだけで退治するのは不可能でしょう。

cb62af7663ef06fc3b80a8772e10bbb4_m

④爪に浸透する成分の登場

日本の製薬会社の技術力は優秀で、病院に通わなくても水虫菌にかなり有効な成分を含んだ水虫薬はいくつも販売されています(ブテナロックやラミシールなど…)。
なぜこれらの水虫薬が医療品と同じくらいの効果が出るかというと、もともと病院でしか処方することが出来なかった医療成分を配合することが許可された薬だからです。
これをスイッチOTCと言います。市販の物でも水虫薬の効果は高く、十分に治療できる商品が存在します。
しかし、爪の内部まで浸透する、爪水虫に効果的な商品は今までありませんでした。
爪水虫にも効く水虫薬として、いくつかの商品が出ていましたが、どれも殺菌効果があっても爪内部まで浸透することが出来ないものばかりでした。
結果的に病院で内服薬を処方してもらうのが唯一の選択肢になっていました。

ですが、2016年新たな水虫薬が発売されました。爪水虫専用ジェル『クリアネイルショット』という商品です。水虫菌に作用する成分を、爪内部に浸透させることが出来るようになったことで生まれた新商品です。
市販の水虫薬で初めて、爪水虫に特化した商品となりました。発売したのはたった5つの商品で東証一部に上場したことで注目された「北の達人コーポレーション」という会社です。
北海道の会社で、2014年シーズンにはJリーグチーム「コンサドーレ札幌」のクラブパートナーを務めたことでも有名です。

北海道の産物を使用した商品をつくることに強いこだわりを持っており、

■札幌証券取引所 2015 年間功労賞(特別功労賞)受賞
■モンドセレクション2016
・『カイテキオリゴ』がダイエット食品・健康食品部門にて 五年連続最高金賞受賞
・『みんなの肌潤糖アトケアタイプ』が美容製品セレクション部門にて四年連続最高金賞受賞
・『みんなの肌潤糖クリアタイプ』が美容製品セレクション部門にてニ年連続最高金賞受賞
・『二十年ほいっぷ』が美容製品セレクション部門にて四年連続金賞受賞
・『アイキララ』が美容製品セレクション部門にて金賞を初受賞
・『ずきしらずの実』がダイエット食品・健康食品部門にて銀賞を初受賞
・『モサイン』がダイエット食品・健康食品部門にて銅賞を初受賞

といったかなり優秀な功績を収めている会社です。東証一部上場企業なので会社自体の評価も非常に高く、各商品もそれぞれ表彰されている実績があり、信頼度は抜群です。
そんな「北の達人コーポレーション」が、悩んでいる方が多いにもかかわらず、普通の水虫薬しか市販されていない状況に目をつけて、開発されたのがクリアネイルショットです。
多数ある水虫薬の中でも、現在、爪水虫に効く商品はこのクリアネイルショットだけといってよいでしょう。

>>クリアネイルショット公式サイトはこちらから

⑤なぜクリアネイルショットは、有効成分が爪内部まで浸透するのか

クリアネイルショットは、これまで困難だった、水虫に効果的な有効成分を爪内部に浸透させることを可能にしました。なぜそれが可能になったかというと、2つの要因があります。
まず一つ目は爪の親油性に着目したことです。親油性というのは油と溶け合う性質の事で、爪のタンパク質構造は皮膚よりも油と溶け合いやすい性質を持っています。
しかも最も薬品を通すのが難しかった、爪表面(爪甲の上層部)に高い親油性があることに「北の達人コーポレーション」の開発者が着目しました。

・爪表面が最も薬品を通すのが難しい所である。
・そしてその爪表面には高い親油性がある。

この2つの特徴から、薬用成分を油性の成分でコーティングすることが出来れば、爪内部へ薬品が届くという結論にたりました。

クリアネイルショットが生まれたもう一つの要因は、「浸透力特化製法」の開発です。独自成分の油性のオイルに、有効成分を溶かして浸透させるという技術を考案しました。
浸透力特化製法の考案によって、親油性の高い爪表面に、油分に溶かした有効成分を浸透させることが出来るようになりました。

最も通過するのが困難な爪表面の層を突破することが出来るようになったので、始めて爪水虫にダイレクトに効果がある、市販の水虫薬が発売されることになりました。

7232a1a28540dfbb51e3d809fa28bf93_m

⑥クリアネイルショットを使った、効果的な爪水虫治療

(1)お風呂
まずはお風呂か足湯に入りましょう。これには3つの理由があります。まず足を清潔に保つこと。水虫菌の繁殖を防止するために常に清潔に保つことが大切です。
2つ目は、熱によって水虫菌の活動を弱めることです。水虫菌は、カビなので熱湯を長時間かければ徐々に死滅していきます。ですが爪に長時間熱湯をかけるわけにはいかないので、少しでも活動を弱めるためにお風呂で温めましょう。
理想は40~45℃の高温のお風呂です。この温度のお風呂に長時間入るのは危険なので、足湯がおすすめです。10~30分ほど温めて、菌を弱らせましょう。
3つめは、水分で爪を膨張させることです。爪は皮膚と同じように、水分を含むと膨張して柔らかくなります。
柔らかい状態にした方が、薬品が浸透しやすくなるので、足湯などで十分に水分を含ませることが重要です。

(2)爪の不要な部分(水虫に感染している部分)をやすりで削る
足湯や入浴で清潔にした後は、爪水虫に感染している部分(分厚くなっていたり、色が変わっている部分)を無理のない程度に、やすりで削りましょう。爪は常に伸びて生え変わっているので、極端な話、感染している部分を全て削り取ってしまえば完治します。
(皮膚にも感染している場合には、再発しますが…)
削ることで、感染した部分を減らすことが出来る上に、爪表面の膜が無くなるので、薬品が浸透しやすくなります。

(3)クリアネイルショットを塗りこむ
お風呂、足湯の熱で白癬菌の活動が弱まり、水分による膨張とやすりで表面を削ることで薬品が浸透しやすい状態になっています。ここでクリアネイルショットを塗ります。
クリアネイルショットを塗りこんだ後は、サランラップで密封しましょう。密封療法と呼ばれる方法で、皮膚科でも良く使われる方法です。
クリアネイルショットはアルコールを含んでいない、揮発性が低い商品ですが、より効率的に薬品を浸透させるために、密封療法がおすすめです。

(4)綺麗な部分との境目、爪の生え際にも重点的にクリアネイルショットを塗る
爪水虫を治すためには、「いま感染している部分の白癬菌を除去すること」と、「爪の健康な部分への新たな感染を防ぐ」という2つの作業を同時に行う必要があります。
新たな感染を防ぐために、

・爪水虫に感染している部分ときれいな爪の境目
・爪の生え際

の2ヶ所にもきちんとクリアネイルショットを塗りこむことで、新たな感染を防ぐ役割を果たします。特にこの2ヶ所にはきちんと薬品が浸透するように塗っておきましょう。
以上の3つの方法で爪水虫は徐々に改善していきます。白癬菌の進行が爪の成長よりも遅くなれば、最終的に全てきれいな爪に生え変わります。
丁寧にやれば、1~2か月で色が変わっている部分が、徐々に上に押し上げられていることを実感するはずです。
すべてがきれいな爪に生え変わるまで、丁寧に治療しましょう。

46da749fc80bc9ae60f0bb686b710573_m

⑦本当にクリアネイルショットで大丈夫?

・北の快適工房の無料相談
クリアネイルショットはこれまで不可能だった、「爪内部に水虫に効く成分を浸透させる」ことを可能にした商品です。
とはいえ、自己判断で治療をしていいのかと不安な方もいらっしゃると思います。
クリアネイルショットは、そんな方のために、プロの健康管理士・専任アドバイザーによる無料の相談に応じています。
これは「北の達人コーポレーション」が東証一部上場のきっかけになった、「北の快適工房」というサービスの一つです。

健康管理士・専任アドバイザーからのセールスは一切ないという純粋な「無料の健康相談」サービスです。
相談は無料、購入前の相談も可能なので、爪水虫だけでなく、健康面の不安がある方には非常にオススメのサービスです。
・安全安心の植物由来成分
植物由来成分で出来ているので、妊娠中の女性・幼児にも最適な商品です。
手の爪水虫や、グリーンネイルは女性が発症することも多く、一人が発症していることで、家族にもうつりやすい病気です。
子供でも使える成分なので、誰でも安心して爪水虫の治療が可能です。

・目立たない色、無臭なので使いやすい
手の爪水虫やグリーンネイルなど、手に使いたい方にとっては臭いや色も気になるところです。
クリアネイルショットは、爪水虫やグリーンネイルで悩む女性の事も考えて開発されているので、無臭・目立たない乳白色です。
外出時にも安心してつけることが出来る、使いやすい商品です。

・全額返金保証
15日以上使用しても、満足いかない場合は全額返金保証があるので安心です。
ネット上でいくら情報収集しても、結局は使ってみなければ自分が納得するかどうかはわかりません。
特に爪水虫という、治療が難しいとされていた症状の改善が目的なので、どれだけ良い商品だといわれても一度使ってから判断したいと思うのが普通でしょう。
その点、クリアネイルショットは全額返金保証があるので不安なく購入できますね。

⑧爪水虫は、放置するほど危険が大きくなります。

白癬菌は、木が地面に根を張るように、大きく成長しながら深くまで進攻していきます。白癬菌はカビの1種なので、お風呂場のカビをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。
黒く、しっかりと根を張ったカビは、そう簡単に取り除くことが出来ません。爪水虫も同じで、深くまで根を張らないうちに治療することが何よりも大切です。

加えて、生命力の強い白癬菌は、お風呂を始め、さまざまな場所で、他人にうつってしまう厄介な病気です。
時間の経過とともに治りにくくなること、治るのが遅ければそれだけ家族や他人にうつすリスクが高まることを考えると、一刻も早く手を打つことが重要です。

始めて、有効成分を爪の内部まで届かせることが出来るようになったクリアネイルショットは、革命的な商品と言えるでしょう。

 

>>クリアネイルショット公式サイトはこちらから

最近のコメント